声楽・合唱と車好きのブログ

趣味だからこそ極めたい。そんなアマチュア声楽家の日記兼雑記です。レッスンの申込みも受付中です。

趣味の声楽・合唱に関すること、車に関することについて、日記・雑記形式で書いています。
結構毒舌になることがあるので、その点ご容赦くださいませ。

CX-3(Gベクタリングコントロール)

マツダの開発したマニアックな技術、Gベクタリングコントール。


昨年マイナーチェンジしたアクセラから搭載された新機能ですが、これを聞いた瞬間誰もが「何言ってるのかさっぱりわからん」状態だったでしょう笑


私も何だそれは?状態だったので、調べてみると、エンジン制御によりシャシー性能を高めるというものらしい。なるほどわからん。


とは言え、順次デミオ、CX-5等にも搭載され始め、機能の詳細はさておきGベクタリングコントロールという名称は比較的(車好きの間で)認知されてきているように思います。


この機能、もちろん愛車CX-3にも搭載されているものです。


GベクはスイッチでONOFFできるものではないので、なかなかその恩恵を実感しづらい部分があります。


ただ、私は比較的初期のCX-3(ディーゼル)に何度か試乗したことがありますが、少なくとも現在のCX-3(ガソリン)は当時のそれとは全くの別物です。特にステアリングフィールと乗り心地については驚くべきほどに改善されています。


Gベクの恩恵かはわかりませんが、デミオからCX-3に乗り換えてまず感じたのは、ステアリングの中立付近がビシッとしていること。このお陰で直進安定性がすごくいいんですね。デミオは中立付近がやや曖昧なきらいがありました。


そして、SUVでありながらほとんどロールを感じさせずコーナーをクリアーしていくわけですから、やっぱりGベク効果なんでしょうね。


一番の変化としては、嫁が酔わなくなったことです。


デミオ(Gベク無し)のときは、ちょっと荒れた道を走っただけで酔ってしまい、窓を開けてぐったりしていたのですが、CX-3になってからは一度もそういうことがないんです。嫁は運転できませんから、その意味でCX-3にはとても満足しています。


運転手よりも同乗者に優しい機能なのかもしれませんね。


ガチの走り屋にとっては邪魔に思えるかもしれませんが、、、常識的なユーザーにはありがたい機能ですね!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。