声楽・合唱と車好きのブログ

趣味だからこそ極めたい。そんなアマチュア声楽家の日記兼雑記です。レッスンの申込みも受付中です。

趣味の声楽・合唱に関すること、車に関することについて、日記・雑記形式で書いています。
結構毒舌になることがあるので、その点ご容赦くださいませ。

レッスン時に気を付けていること

私が生徒を教えるときに気を付けていることは、”自分のやり方を強要しない”ということです。


レッスンの目的は、生徒の楽器を解放して最大限に明るい響きを導き出してあげることです。なので、そこに至る過程は正直さほど重要ではない。


出てきた声に対して、息の軌道や身体の使い方を修正してあげることが中心です。


レッスン活動を始めた頃は、自分の感覚を生徒に押し付けて混乱を招くことがありました。今では反省しています。


私のようなバスバリトンと軽いソプラノの楽器の感覚が同じなわけはないですものね。ただし、教えていて実感するのは、私よりも軽く高い声種の人、つまり完全なバス以外の声種については、私の感覚の縮小バージョンになっているようだ、ということです。


つまり、発声感覚の要素としては共通しているんだけど、それぞれの感じ方の度合いが違うということ。


このことから、自分よりも軽い声種を教えることは比較的容易なんだけど、自分よりも重い声種を教える際には注意が必要・・・なのではないかと思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。